1990-1999

1990

第297回 私のライフワーク(1990年1月)
第298回 薬の副作用を考える(1990年2月)
第299回 実地医家は今癌にどう対処すべきか(1990年3月/名古屋)
第300回 記念例会 医療におけるQOL(1990年4月)
第301回 地域医療を考える(1990年5月/香川)
第302回 日本プライマリケア学会(1990年6月)
第303回 開業医の将来(1990年7月)
第304回 不定愁訴の診療に当たって(1990年9月/仙台)
第305回 家庭医のための尿失禁のケア(1990年10月)
第306回 ありふれた訴えの対応(1990年11月)
第307回 食事再考ーカルシウム(1990年12月)

1991

第308回 食事再考ー蛋白質は寿命を延ばすか(1991年1月)
第309回 アトピー性皮膚炎(1991年2月)
第310回 画像診断の進歩と限界ー実地医家は医家に応用すべきか(1991年3月/名古屋)
第311回 今年の風邪を振り返って(1991年4月)
第312回 「性をめぐって」をテーマとするバズセッション(1991年5月)
第313回 老年期痴呆(1991年7月/前橋)
第314回 老人保健法を考える(1991年9月)
第315回 高脂血症(1991年10月)
第316回 脳死からの臓器移植をどう考えるか(1991年11月)
第317回 在留外国人の診療(1991年12月)

1992

第318回 予期せぬ事態(1992年1月)
第319回 実地医家のための会・例会300回まつり(1992年2月/福岡・長崎)
第320回 今、在宅医療を考える(1992年3月/名古屋)
第321回 肥満(1992年4月)
第322回 C型肝炎研究の進歩と肝臓病の変貌(1992年5月)
第323回 日本プライマリケア学会(1992年6月)
第324回 最近の真菌感染症(1992年7月)
第325回 AIDSとSTD-エイズが町医者にやってくる(1992年9月)
第326回 より安全な輸血のために(1992年10月)
第327回 これが人工透析だ(1992年11月)
第328回 行動科学と実地医療(1992年12月)

1993

第329回 高血圧患者のマネジメント(1993年1月)
第330回 30周年記念例会ー日本の開業医の未来像(1993年2月)
第331回 日本の開業医の未来像(2)(1993年3月/名古屋)
第332回 痛風(1993年4月)
第333回 実地医家50人に聞くーあなたならどうしますか?(1993年5月)
第334回 日本プライマリケア学会(1993年6月)
第335回 21世紀を迎える「実地医家のための会」の戦略活動はどうあるべきか(1993年7月)
第336回 呼吸器疾患の新しい考え方(1993年9月/兵庫)
第337回 痔疾患を主とした「肛門の病気」(1993年10月)
第338回 第100回記念長崎実地医家のための会(1993年11月/長崎)
第339回 体温計の話(1993年12月)

1994

第340回 入院患者のアメニテイを考える(1994年1月)
第341回 題名のない例会(1)(1994年2月)
第342回 ボーダーラインの医療ー私はこうしている(1994年3月/名古屋)
第343回 題名のない例会(2)(1994年4月)
第344回 我が診療所の無駄な機器(1994年5月)
第345回 患者にとって医薬分業は是か非か(1994年6月)
第346回 日本プライマリケア学会(1994年7月)
第347回 東京消防庁の見学(1994年9月)
第348回 みんなで話そう漢方医学(1994年10月)
第349回 公開討論会「尊厳死と医療」(1994年11月)
第350回 日本の医師は世界で通用するか(1994年12月)

1995

第351回 新しい輸液の考え方(1995年1月)
第352回 題名のない例会(1995年2月)
第353回 医者が病気になったとき(1995年3月/名古屋)
第354回 歯科GPの話題(1995年5月)
第355回 日本プライマリケア学会(1995年6月)
第356回 目黒寄生虫館見学と治療および予防ー寄生虫を忘れるな(1995年7月)
第357回 阪神大震災を振り返って(1995年9月)
第358回 私の持病(1995年10月)
第359回 骨粗しょう症の治療についての私の工夫ほか(1995年11月/福岡)
第360回 睡眠薬をめぐって(1995年12月)

1996

第361回 薬の上手な使い方(1996年1月)
第362回 医療討論会(1996年2月/京都)
第363回 老人医療を考える(1996年3月/名古屋)
第364回 STD特にHIV感染症を中心として(1996年4月)
第365回 私が考える総合診療(1996年5月)
第366回 日本プライマリケア学会(1996年6月)
第367回 自由研究(1996年7月/栃木)
第368回 救急患者への対応(1996年9月)
第369回 寝たきりを防ぐために(1996年10月)
第370回 診療の工夫(1996年11月)
第371回 私の望む大往生(1996年12月)

1997

第372回 運動療法について(1997年1月)
第373回 題名のない例会(1)(1997年2月)
第374回 はざまの医療・病人ー大病院と診療所の間(1997年3月/名古屋)
第375回 癌診断と治療の最新情報(1997年4月)
第376回 題名のない例会(2)(1997年5月)
第377回 日本プライマリケア学会(1997年6月)
第378回 モーニングレクチャー(1997年7月/小樽)
第379回 救急医療(1997年9月)
第380回 患者さんはどう気づき、どう変化したかー糖尿病難治例に学ぶ(1997年10月)
第381回 気管支喘息に強くなろうーその予防と治療法は(1997年11月)
第382回 実地医家と生命倫理(1997年12月)

1998

第383回 題名のない例会(1998年1月)
第384回 寄生虫の今昔(1998年2月/福岡)
第385回 今、感染症を考える(1998年3月/名古屋)
第386回 医療と情報(1998年4月)
第387回 実地医家の生涯教育(1998年5月)
第388回 これからの「実地医家のための会」(1998年6月)
第389回 日本プライマリケア学会(1998年7月)
第390回 救急医療に何を望むか?(1998年9月)
第391回 画像診断(1)(1998年10月)
第392回 画像診断(2)(1998年11月)
第393回 ロールプレイ「患者と医者」(1998年12月)

1999

第394回 シリーズ「私の医療」(7)(1999年1月)
第395回 シリーズ「私の医療」(8)(1999年2月)
第396回 長寿社会の未来(1999年3月/名古屋)
第397回 独立型ホスピスを訪れる(1999年4月)
第398回 子供のメンタルヘルス(1999年5月)
第399回 日本プライマリケア学会(1999年6月)
第400回 実地医家と医療情報(1999年7月)
第401回 プライマリケアの実践(1999年9月/帯広)
第402回 老人痴呆の介護を考える(1999年10月)
第403回 卒後研修をめぐって(1999年11月)
第404回 地域との連携ー実地医家に望むこと(1999年12月)