1980-1989

1980

第188回 日常のありふれた疾患シリーズ(1)(1980年1月)
第189回 日常のありふれた疾患シリーズ(2)(1980年2月)
第190回 日常診療経験の中から(1980年3月/名古屋)
第191回 日常のありふれた疾患シリーズ(3)(1980年4月)
第192回 日常のありふれた疾患シリーズ(4)(1980年5月)
第193回 第3回 日本プライマリケア学会を該当(1980年6月)
第194回 地域医療をつく(1980年7月)
第195回 スクリーニングについて(1980年9月/仙台)
第196回 日常のありふれた疾患シリーズ(5)(1980年10月)
第197回 老人医療を考える(1980年11月)
第198回 死をみとる医療(2)(1980年12月)

1981

第199回 プライマリケアを考える(1981年1月)
第200回 記念行事 特別講演「人と医療」(1981年2月)
第201回 プライマリケアにおける老人医療の問題点(1981年3月/名古屋)
第202回 乳幼児健診(1981年4月)
第203回 うつ病の早期発見ほか(1981年5月)
第204回 第4回 日本プライマリケア学会(1981年6月)
第205回 プライマリケア医と画像診断(1981年7月)
第206回 スクリーニングについて(2)(1981年9月/仙台)
第207回 運動処方について(1981年10月)
第208回 私の行っている実地診療(1981年11月/北陸)
第209回 頭痛をめぐって(1981年12月)

1982

第210回 動脈硬化に強くなろう(1982年1月)
第211回 生涯教育をめぐってー新しい医療倫理を求めて(1982年2月)
第212回 日常診療におけるエピソード(1982年3月/名古屋)
第213回 大腸癌集検ほか(1982年4月)
第214回 小児の不定愁訴をめぐって(1982年5月)
第215回 第5回 日本プライマリケア学会(1982年6月)
第216回 誰でもどこでもできるリハビリ(1982年7月)
第217回 ホームドクターあれこれ(1982年9月/仙台)
第218回 これからの医療(1982年10月)
第219回 日常行っている診療ーその現在と未来(1982年11月/茨城)
第220回 老人ボケーその予防から福祉まで(1982年12月)

1983

第221回 「心臓病の診断と治療」-私はこうしている(1983年1月)
第222回 創立20周年記念例会「新しい医療の創造的実践を求めて」(1983年2月)
第223回 我々実地医家はどこまで診療できるか(1983年3月/名古屋)
第224回 記載なし(1983年4月)
第225回 家庭医の日常診療の中の外科(1983年5月)
第226回 第6回 日本プライマリケア学会(1983年6月)
第227回 私はこうしている(1983年7月/北海道)
第228回 緊急の患者(救急・急病)が来た場合、どう対応したか(1983年9月)
第229回 ワークショップ:腹部エコーへの招待(1983年10月)
第230回 私の行っている実地診療(2)(1983年11月/北陸)
第231回 実地医家は死をどうみるかー脳死・臓器移植と関連して(1983年12月)

1984

第232回 私の処方(1)(1984年1月)
第233回 特別講演「世界最高長寿泉重千代翁の検診結果について」(1984年2月)
第234回 実地医家と病院・一般医と専門医の関連(1984年3月/名古屋)
第235回 実地診療の中の独創性(1984年4月)
第236回 教育の基本を考えるーこれでよいか今日の教育(1984年5月)
第237回 第7回 日本プライマリケア学会(1984年6月)
第238回 私はこうしている(2)(1984年7月/北海道)
第239回 プライマリケアにおける身近な医療(1984年9月)
第240回 プライマリケアにおけるグループ診療(1984年10月/仙台)
第241回 患者と医師との対話(1984年11月/神奈川)
第242回 糖尿病の新しい知識と総合的ケア(1984年12月)

1985

第243回 ライフサイクルに対応する新しい医療(1985年1月)
第244回 私たちが目指す家庭医とは何か(1985年2月)
第245回 癌患者のケアをめぐって(1985年3月/名古屋)
第246回 癌患者のケアをめぐって(2)(1985年4月)
第247回 スペシャリストより実地医家へ(1985年5月/兵庫)
第248回 第8回 日本プライマリケア学会(1985年6月)
第249回 私の外来診療ープライマリケアの立場から(1985年7月/北海道)
第250回 小児の救急医療(1985年9月)
第251回 高脂血症について(1985年10月/北陸)
第252回 心身症(1985年11月/京都)
第253回 最近の身近の医療機械ーあると便利コーナー(1985年12月)

1986

第254回 私の行っている医療(1986年1月)
第255回 実地医家とライフワーク(1986年2月/九州)
第256回 老人の日常診療における問題点(1986年3月/名古屋)
第257回 POSの書き方と実習ー医療の新しいシステム(1986年4月)
第258回 薬をめぐる諸問題ー私の薬の選択について(1986年5月/兵庫)
第259回 第9回 日本プライマリケア学会(1986年6月)
第260回 実地医家とターミナルケア(1986年7月/北海道)
第261回 救急蘇生の実技ほか(1986年9月)
第262回 いじめを科学する(1986年10月)
第263回 スポーツと医学(1986年11月)
第264回 生涯教育(1986年12月)

1987

第265回 病診連携ー診療所と病院の守備範囲(1987年1月)
第266回 かぜをめぐって(1987年2月)
第267回 開業医師の生涯研修ー研究・発表を通して(1987年3月/名古屋)
第268回 在宅医療をめぐってーその医療技術そしてシステムを求めて(1987年5月)
第269回 第10回 日本プライマリケア学会(1987年6月)
第270回 脳血管障害の治療とリハビリテーション(1987年7月/群馬)
第271回 救急医療ー薬物中毒について(1987年9月)
第272回 題名のない例会(1987年10月)
第273回 糖尿病(1987年11月/北陸)
第274回 題名のない例会(1987年12月)

1988

第275回 私の症例(1988年1月)
第276回 実地医家に必要な法律の知識(1988年2月)
第277回 大腸がん・肺がんの早期診断(1988年3月/名古屋)
第278回 最近の抗生物質と抗菌薬について(1988年4月)
第279回 自由演題(1988年5月/兵庫)
第280回 第11回 日本プライマリケア学会(1988年6月)
第281回 からだに悪い影響を与えるもの(1988年7月)
第282回 実地医療の現状と未来(1988年8月/京都)
第283回 創立25周年記念例会(1988年9月)
第284回 老人性痴呆の治療と予防(1988年10月)
第285回 「実地医家のための会」25周年を記念して(1988年11月)
第286回 医療と仏教(1988年12月)

1989

第287回 私の行っている医療(1989年1月)
第288回 かぜをめぐって(1989年2月)
第289回 家庭用血圧計を調べよう(1989年3月)
第290回 医学教育における家庭医実習(1989年4月)
第291回 家庭用血圧計の信頼性(1989年5月)
第292回 私の診療室から(1989年7月/群馬)
第293回 急性腹症(1989年9月)
第294回 薬を考える(1989年10月/兵庫)
第295回 アレルギー(1989年11月/北陸)
第296回 生命保険と医療ーその現状と未来(1989年12月)